弁護士はどのようにして債権回収をしてくれるの?

弁護士はどのようにして債権回収をしてくれるの?



強制執行に向けて

債務者が再三にわたる督促を無視したり、返済に関する約束を履行しない場合に備えて、弁護士は「強制執行認諾文言」を公正証書に記載します。これによって債務者は降りこうした場合、裁判をすることなく強制執行に応じることに同意していることになります。また、返済できない場合に備えて連帯保証人を付けることや、土地などの担保を付けることなど、債権者が損失を被ることの無いような手続きも弁護士は進めることができます。

担保をとれるかどうかは、債権回収の大きなポイントですので、弁護士に依頼する場合にはそうした交渉にたけており、経験豊富な弁護士を選ぶとよいでしょう。

こうした手順を経ても債権が回収できない場合は、強制執行となります。まずは、債務者の財産を差し押さえすることです。これには債務者の財産を事前に十分把握しておくことが必要で、弁護士の交渉のスキルが試されることでしょう。また、債務者が勝手に財産を処分することの無いように民事保全手続きにて債務者の財産の動きを止めることができるようになります。この手続きによって返済意外に債務者の財産が使われることがないように予防することができます。この手続きは弁護士の相談なくしてはできません。

穏便に解決するために

債権回収のために弁護士が用いる方法はまず、内容証明郵便による督促状を送ることです。内容証明郵便を送ることによって、請求した内容や請求したという事実を記録として残すことが可能となります。こうした正式な記録は後々万が一法的な手続きで解決しなければいけないような場合に大変重要となります。

もし、内容証明郵便で送付した督促状を見た債務者が素直に支払いに応じる場合には、弁護士は強硬な態度をとらずに支払方法を説明し和解に向けて交渉を開始します。債務者にとっては一気に返済することは難しくても、分割で返済ができるなら比較的余裕をもって返済することができるケースも少なくありません。そうした債務者の事情にも精通しベストな解決策を提案し、実行できるように促します。

しかし、その際にはいくら平和的でも約束が不履行になる場合に法的な手続きに入ることも説明し、約束事項をすべて書面として残しておきます。このようにして、債務者が約束自体の存在を否定するようなことが今後ないようにしっかりとした法的な根拠を作っておくのです。こうした弁護士による手順のうちに返済が始まれば早期の解決も一気に現実的なものとして近づいてくるでしょう。

債権回収をスムーズに行うには

債権回収に関するトラブルは双方にとって大きなストレスになります。困っている友人にお金を貸してあげたのに一向に返済の約束が守られないと、せっかくの友情も一気に冷めてしまいます。また、不動産経営で自分の財産を有意義に運用したいと考えていても、家賃などが支払われないとかえって自分の損失になってしまいます。債務者にとっても、支払いたいという意思があればあるほどそうできない状況にストレスが溜まってしまうことでしょう。

こうした債権回収のトラブルの時に大きな力になってくれるのが弁護士です。弁護士は法的な専門知識がありますので、法的に債権者の権利を守りながら、早期解決に向けて債権回収の手助けをしてくれます。相手が友人の場合は、ついつい自分の取り立てではきついことも言えず、情が厚い人に限って債権者のほうが泣き寝入りしてしまうというケースも少なくありません。お互いの友情が完全に壊れてしまわないためにも弁護士による仲介で早期の解決を目指しましょう。

とはいえ、弁護士が介入したところで、債務者にいつも以上に収入が増えるわけではもちろんありません。では弁護士はどのような方法を用いて債権を回収するのでしょうか。弁護士がどのように債権を回収するのかを知ることで、より安心して弁護士に相談することができるでしょう。また、あくまでも弁護士は介入させずに、当事者間で問題を解決したいと考えられている方にとっても、弁護士の用いる債権回収の方法は参考になるかもしれません。